製品情報

FB series フェーシングセンター|複合加工により、段取り時間を大幅に短縮。あらゆる切削加工を、この一台で高精度に実現。

野村製作所のフェーシングセンター

1927年より面削盤(フェーシングセンター)の製作を始め、いち早くNC化に取り組み、1976年に面板スライド動作を含む全軸NC制御機を製作して以来、30年以上に亘りフェーシングセンターを市場に供給し続けております。

製品の特徴

生産性の向上

  • 1度のワーク取付で多様な加工が可能となりますので、段取り時間の大幅な短縮が可能。
  • 中ぐり主軸の繰出し動作及び面板スライド動作が行えるため、マシニングセンターに比べて使用工具の大幅な削減が可能。
  • 横中ぐり盤のアタッチメント面板のように面板の取付、取り外し作業が不要。
  • 全軸独立したNC制御が行え、中ぐり主軸及び面板工具ホルダー両方に自動工具交換(ATC)を付加することにより全軸自動運転が可能。
  • 自動パレット交換装置(APC)を付加することにより、更に段取り時間の短縮が可能。(※オプション対応。)

構造上の主な特徴

  • 面板組込式なので、横中ぐり盤の面板アタッチメントに比べて遥かに高剛性・高精度で重切削が可能。
  • 面板の回転駆動系は、主軸とは別系統で高トルク特性となっております。又、ベアリングも独立した大径のベアリングで支持されている為、極めて高い剛性を維持します。
  • 面板スライドと逆方向に動く補助スライドを設け、自動バランス機構搭載。(面板径φ700mmのみ)
  • 中ぐり主軸には横中ぐり盤で好評の窒化処理・超仕上げされた特殊鋼を採用しており、長年の使用においても経年変化・磨耗はありません。
  • 主要構造物(コラム、ベッド、サドル、テーブル)は、剛性の高い箱型フレーム構造で合理的なリブ配置の高級鋳鉄を採用しており、静的な剛性はもちろん動剛性(特に振動の減衰率)にも優れています。
  • X,Y,Z各送り摺動面は焼入研磨仕上げし、特殊ライナーを貼付けて、自動強制間欠給油を行っており、長期間高精度を維持できます。

Page Topへ

製品仕様

Model FBA-70/11T-R3 FBA-100/11T-R3 FBA-80/13P-R5 FBA-100/13P-R5
面板径 φ700 mm φ1000 mm φ800 mm φ1000 mm
面板スライド工程(U軸) 200 mm 300 mm 200 mm 300 mm
最大面削径(参考値) φ1000 mm φ1500 mm φ1100 mm φ1500 mm
面板回転速度 4~350 min-1(400 min-1) 4~280 min-1 3~300 min-1 4~250 min-1
面板最大切削トルク 3380 N・m [345 kgf・m] 4770 N・m [487 kgfm] 6840 N・m [698 kgf・m]
面板スライド早送り速度(U軸) 1500 mm/min
面板スライド切削送り速度(U軸) 1~1000 mm/min 1~1500 mm/min
主軸径 φ110 mm φ135 mm
主軸繰り出し行程(W軸) 500 mm 600 mm
主軸回転速度 15~1500 min-1
(1750 min-1)
15~1225 min-1 10~1800 min-1
主軸最大切削トルク 920 N・m [94 kgf・m] 1125 N・m [115 kgf・m] 1640 N・m [167 kgf・m]
主軸最大スラスト力 19600 N [2000 kgf] 29400 N [3000 kgf]
主軸早送り速度 4500 mm/min
主軸切削送り速度 1 ~ 2000 mm/min
主軸頭上下行程(Y軸) 1300 mm 2000 mm
テーブル前後行程(X軸) 2000 mm 3000 mm
テーブル左右行程(Z軸) 1400 mm
回転テーブル寸法 1400 × 1600 mm 1800 × 2000 mm
テーブル最大積載質量 7000 kg 12000 kg(15000 kg)
早送り速度(X,Y,Z軸) 10000 mm/min
切削送り速度(X,Y,Z軸) 1 ~ 2000 mm/min 1 ~ 5000 mm/min
大略本機質量 30000 kg 31000 kg 40000 kg 41000 kg

Page Topへ

FBA-70⁄11T-R3 動画

ページトップへ